センター長挨拶 / Greeting From Director of the Center

本センターは,学内外の共同利用施設として、センターの保有する各種分析機器、生物資源、放射性同位元素等の総合的な管理と共同利用の促進を通じて、本学の教育研究活動の進展に資することを目的に設置されました。

旧総合科学研究支援センター(INCS)の各ステーション等が担ってきた機能分担をより明確化し,各々の担当範囲の重複を最小限にすることによって高額研究機器等の効率的な配置を目指した運営に取り組みます。
また、分担を明確にすることで各部門の専門性をさらに高め、部門の機能向上と研究支援などの利用者サービスを充実させます。

学術研究の進展において、基盤となる施設や設備・機器の占める重要性は益々拡大していますが,概算要求による基盤研究設備の予算額は縮減される方向にあり、学内共同利用による研究機器や設備等の計画的整備や効率的な利用を進めることが極めて重要になっています。 それに対応するため,センターは全学の中長期計画と利用者のニーズに基づいて大型研究機器や基盤的設備を計画的に整備し、それらの統一的かつ効率的な管理を行います。

学術支援センター
ページトップへ