物質科学部門

物質科学部門の概要について

旧総合科学研究支援センター・城北ステーションの全学共同利用大型機器を集中管理し,全学の教職員,学生に機器の測定サービスおよび機器利用に関する様々なサポートを行います。主な設置機器には,有機微量元素分析装置,高分解能質量分析装置,高分解能NMR(液体試料),ESR,ICP-MS,ICP-OES,走査電子顕微鏡,単結晶X 線構造解析装置,分光光度計があります。専任の教員は独自の研究テーマを持ち,設置されている機器を活用した研究を行うと共に学内外からの研究相談に応えます。

部門長挨拶

greeting.jpg物質科学部門・部門長の内藤俊雄です。H27年3月まで「総合科学研究支援センター」の「城北ステーション」と呼ばれていた組織が、H27年4月以降「学術支援センター(ADRES)」の「物質科学部門」として生まれ変わりました。我々の部門は、主に材料系、分析系の研究に必要な種々の実験装置・設備類を充実させています。単に組織名が変わっただけではなく、より使いやすく、身近な支援センターを目指して、新しい試みも始めています。学内外の利用者の拡大、国内他大学の支援センターとの連携強化、予約から利用料支払に至る簡便で迅速な新規Web利用システムの構築など、理想のセンターを目指して着々と進んでいます。今後とも物質科学部門を、よろしくお願い致します。

新着情報一覧

2017.11.06
平成29年度(2017)機器分析セミナーのご案内
2017.11.06
平成29年度 学術支援センター物質科学部門 利用者安全講習(追加)について
2017.09.28
平成29年度 学術支援センター物質科学部門 利用者安全講習(後期)について
2017.07.28
H29質量分析年間予定表
2017.07.28
【変更しました】H29年度質量分析年間予定表
2017.04.10
H29年度有機微量元素分析装置年間予定表
2017.04.06
H29年度質量分析装置測定年間予定表
2017.04.06
平成29年度利用者安全講習ならびに機器講習について
2016.11.30
平成28年度機器分析セミナーのご案内
2016.05.24
高圧ガス利用者保安教育講習会に関するお知らせ
2016.05.12
物質科学部門の新着情報です。

連絡先

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2番5号
TEL:089-927-9661
FAX:089-927-9670