機器の利用について

研究発表、論文刊行における
愛媛大学 学術支援センター(ADRES)への謝辞の記載について

学術支援センター各部門を利用され、その成果を研究発表、論文刊行される際には、必ず謝辞等の記載をお願いいたします。
以下は、記載例になりますが、文章の流れから適宜改変頂いても結構です。

  • The ~experiment was carried out on a (装置名) at the Division of (部門名)the Advanced Research Support Center (ADRES), Ehime University.
  • We thank (支援者名)at the Division of (部門名)the Advanced Research Support Center (ADRES), Ehime University for her/his technical assistance.
  • This study was supported by the Division of (部門名)the Advanced Research Support Center (ADRES), Ehime University.
  • 本研究は、愛媛大学学術支援センター(ADRES) xx部門設置の(装置名)を利用しました。
  • 本論文(研究)におけるxx解析は、愛媛大学学術支援センター(ADRES) xx部門の(支援者名)からの技術サポートを受けました。

また、論文の別刷、コピーあるいはPDFの1部を担当教員・職員に分与頂ければ幸甚です。 御協力の程、お願い致します。

各部門の表記について

  • 物質科学部門  Division of Material Science 
  • 遺伝子解析部門  Division of Genetic Research 
  • 病態機能解析部門  Division of Analytical Bio-Medicine 
  • 動物実験部門  Division of Laboratory Animal Research 
  • 応用タンパク質研究部門  Division of Applied Protein Research 
  • ものづくりファクトリー  Division of Monozukuri Factory