病態機能解析部門

学内における受託業務について

イメージング分野

・電子顕微鏡標本作製等の受託サービス

透過型・走査型電子顕微鏡標本作製及び観察撮影を承ります。
(金コロイド法などの免疫電子顕微鏡法、結合組織消化法によるSEM観察など)
レーザー顕微鏡による撮影や免疫蛍光法作製などを賜ります。

・光顕組織標本作製

・ 予約システムにて業務依頼を行うと同時に、担当者と詳細な事前打ち合わせを行って下さい。
・ パラフィンおよび凍結試料について、HE、各種特殊染色、免疫染色等に対応しています。
・ 固定試料を持ちこむ場合、組織を十分量の固定液に浸漬して下さい。
(例えば、ホルムアルデヒド系固定液であれば、最低でも組織の10倍量を目安にする。)
・ 標本完成までに要する時間は、依頼内容および依頼の混雑状況により異なります。
・ まずはご相談下さい。

タンパク質解析分野

・液体クロマトグラフィー

液体クロマトグラフィーシステムを用いてタンパク質の分離、精製を行います。

・タンパク質合成

コムギ胚芽無細胞タンパク質合成技術を利用してタンパク質合成を行います。

・質量分析用試料前処理(ゲル内消化)

ゲノム解析分野

・次世代シーケンサーMiseq受託解析

miseq.jpg

受託解析が可能なのはRNA-Seqや疾患関連遺伝子の変異解析等の一部のアプリケーションのみです。 サンプル数、量、品質等によって解析方法や料金が変わりますので、詳細についてはお問い合わせください。また、装置のスペック上、ヒトやマウス等の全ゲノムシーケンスはできません。

・受託業務例 1
・受託業務例 2

RI実験分野

・RI施設の利用登録

RI施設を利用したい方は病態機能解析部門RI施設 岩﨑(089-960-5453)までご連絡ください。

RI施設関連書類(必要に応じダウンロードください。)

・新規登録   ・実験計画書(年度更新)

・RI注文書(色のついた部分を記入し、必ずRI管理室に提出してください)

・サザンブロット解析

RIを用いた変異アレルの検出に関し、

①プローブ作製②ブロッティング③プローブ標識④検出 をサポートいたします。

利用のご相談は藤野(089-960-5901)までお願いいたします。