病態機能解析部門

学外における受託試験について

イメージング分野

・電子顕微鏡標本作製等の受託サービス

透過型・走査型電子顕微鏡標本作製及び観察撮影を承ります。
(金コロイド法などの免疫電子顕微鏡法、結合組織消化法によるSEM観察など)
レーザー顕微鏡による撮影や免疫蛍光法作製などを賜ります。

・光学顕微鏡標本作製等の受託サービス

・ 担当者と詳細な事前打ち合わせを行って下さい。
・ パラフィンおよび凍結試料について、HE、各種特殊染色、免疫染色等に対応しています。
・ 固定試料を持ちこむ場合、組織を十分量の固定液に浸漬して下さい。
(例えば、ホルムアルデヒド系固定液であれば、最低でも組織の10倍量を目安にする。)
・ 標本完成までに要する時間は、依頼内容および依頼の混雑状況により異なります。
・ まずは下記までご相談下さい。
  連絡先:089-960-5456 (担当:清井)

 

タンパク質解析分野

・タンパク質ゲル内消化・質量分析サービス

切り出したゲル片を受け取り、トリプシン消化後、MALDI-TOF MS(AXIMA TOF2/島津)を用いて消化物の質量分析を行い、質量分析データとスペクトルを返却します。
データベース検索等はご自身でお願いいたします。

 

ゲノム解析分野

・次世代シーケンサーMiseq受託解析

Miseq学外向け紹介.png

・受託業務例

 

RI実験分野

・サザンブロット解析の受託サービス

・解析の流れ

RIを用いた変異アレルの検出に関し、
①ゲノムDNAの調整
②ゲノムDNAの制限酵素処理
③サザンブロット解析(Cold)・メンブレン作製ブロッティング
④プローブ標識 
⑤サザンブロット解析(Hot)・ハイブリダイゼーション及び検出
をサポートいたします。

利用のご相談は下記までお願いいたします。

病態機能解析部門
准教授 藤野 貴広
TEL : 089-960-5901
MAIL: tfujinom.ehime-u.ac.jp
(※迷惑メール対策のため、は画像にしております。送信の際は@に変更してください。)

・RI施設の利用

学外の方も当RI施設を利用できます。      ※注意事項

RI施設利用の流れ.png・健康診断は各自で行っていただきます。
・提出が必要な書類、機器の詳細は
 下記をご参照ください。
 RI実験分野について
・施設、機器はRI管理室スタッフが不在時は
 利用できません。
継続的に必要な手続き
・6か月以内ごとの健康診断
・定期教育訓練(年に1回:2~3月頃に開催)

必要となる利用料 (※詳細は事前連絡時にて)
実験台使用料、被ばく測定バッジ代、機器使用料、RI購入費、RI廃棄費用 など