新着情報
Date:2017.05.16 Category:動物実験部門

CRISPR-Cas9 最新テクニカルセミナーのご案内

ADRES動物実験部門セミナーのご案内
「CRISPR-Cas9 最新テクニカルセミナー」
~CRISPR-Cas9ツールの選択から細胞樹立まで~
ご興味のある方は是非参加していただくよう御案内申し上げます。 【日 時】 平成29年5月17日(水)14:00~16:30 【場 所】 愛媛大学医学部 第2ゼミナール室

セミナー内容
ゲノム編集技術は、細胞ゲノム内の基本的にどの位置においても遺伝子のノックアウト、または外来遺伝子をノックインできる技術です。
この遺伝子の改変は1塩基レベルから染色体レベルで行うことが可能です。今後iPS等の再生医療技術と組み合わせることで、従来は不可能であった遺伝子レベルでの治療が可能になると考えられています。
CRISPR-Cas9システムは編集効率が高く低コストであることからゲノム編集の代表的ツールとなっています。
本セミナーでは最新のCRISPRツールであるCas9 nuclease精製たんぱく質を使用した手法、レンチウイルスCRISPRを使用したノックアウトスクリーニング手法の基礎から具体的な実験の流れまでご紹介します。
さらに本セミナーではノックイン実験にに必要なターゲット配列のデザインやノックインベクターの設計方法等、研究者の方々からのご要望の多い内容もお話し致します。
今後のご研究のお役に立つ最新情報をご提供できればと存じます。
皆様のご参加をお待ちしております。