新着情報
Date:2019.12.23 Category:病態機能解析部門

年末年始の学術支援センター病態機能解析部門の対応について

 平素より当部門の活動にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
12月28日(土)から翌年1月5日(日)までの年末年始休暇を迎えるにあたり、下記の事に
ご留意いただきますようお願いいたします。

・上記期間中、当部門の全職員が休暇となりますので、全ての受託解析を休止します。
 (上記以外の期間も休暇をとる職員も居ますので、詳細は各職員にご確認下さい。)

・利用者自身による機器の使用は、平日夜間及び祝日と同様に可能ですが、
 スタッフによる支援はできません。

・機器に関連する消耗品などは十分量を準備しておきますが、不足した場合の補充は
 できませんので、年末年始に大規模な実験を予定している方は事前に機器担当職員に
 ご相談ください。

・当部門のディープフリーザーにサンプルを一時的に保管している方で、重要な
 サンプルをお持ちの方は、休暇中はサンプルを一度お引き取りください。
 過去に連休中にフリーザーが故障した事があります。休暇中も職員が交代で
 見回りには来ますが、トラブルに対して即時対応できない事がございます。
 機器の故障によるサンプルの補償はいたしかねますので、サンプルをそのまま
 お預けになる方はご承知おきください。

・機器にトラブルが発生した場合は、直ちに使用を中止し以下にご連絡ください。

    藤野 貴広 tfujino@m.ehime-u.ac.jp
    首藤 政親  shudo@m.ehime-u.ac.jp

利用者の皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。