新着情報
Date:2016.11.30 Category:物質科学部門

平成28年度機器分析セミナーのご案内

愛媛大学学術支援センター物質科学部門では,共同利用設置機器の活用法に関するセミナーを開催しております。平成28(2016)年度は,物質科学部門で平成27年度に更新された紫外可視近赤外分光光度計(UV-Vis-NIR、島津製作所、SolidSpec-3700)について行います。本装置では、紫外領域から近赤外領域における固体試料および液体試料の透過および反射スペクトルが測定できます。紫外・可視領域に対してはPMT(光電子増倍管),近赤外領域に対してはInGaAs検出器と冷却PbS検出器を使用した3検出器搭載型で,近赤外領域での高感度測定が可能です。本装置を実際にご利用されている方や,これからご利用予定の方,また興味をお持ちの教職員だけでなく学生の方のご参加をお待ちしております。

テーマ「紫外可視近赤外分光光度計の基礎と応用」

(株)島津製作所 分析計測事業部 グローバルアプリケーションセンター 祖父江 和樹 氏

主  催:学術支援センター物質科学部門

日  時:平成28年12月7日(水)14:30-16:00

場  所:理学部講義棟 S32教室(松山市文京町2-5,予約不要,100人収容可)

問合せ先:小西 理実 (電話089-927-9661、konishi.rimi.mj@ehime-u.ac.jp )

谷 弘幸(電話089-927-9664、tani.hiroyuki.mj@ehime-u.ac.jp )